川岸から観た犬山の鵜飼

 9/23 犬山鵜飼を撮りに行く。催行は、19時15-45分とのことで、19時頃に犬山橋からホテルまでの左岸を歩いてみるも人っ子ひとりいない。橋の上流に小さく篝火らしきものが見えているがなかなか来ない。20分過ぎに、篝火の鮮やかな鵜舟を観覧船が取り囲む形で、3グループに分かれて下ってきた。近隣の人かホテルの宿泊客か川岸の見物客は、知らぬ間に増えていた。
光量が少なく動く被写体は難しい。ISO3200、F6.3、部分測光、1脚、1/60-1/4 手ブレ防止レンズ使用。ボケ写真多数。巧く撮りたい方は、近くで撮るため乗船のこと。19時40分には、もう観覧者達は、自分の旅館やホテルに消えていった。今回は、鵜飼の雰囲気を感じる写真である。

写真をクリックするとスライド開始、右肩停止で手動可能となり、写真をクリックすると順に表示される。