1887年完成した、緑、白、ピンクの大理石の優美な聖母教会、高さ106m。



1359年完成したジョットの鐘楼、高さ82m。



サンタクロ−チェ教会、ミケランジェロ、ガレリオ・ガレリイもここに眠る。右は、同教会のステンドグラス。



ミケランジェロの丘からフィレンツェ市内を望む。夕暮れで残念だった。



アルノ川の黄昏。



ロマネスク建築のピサのドゥオ−モ、奥行き95m、幅32m。左は、納骨堂。



ドゥオ−モの内部で、ガリレオ・ガレリイが「振り子の法則」を発見したという吊りランプ。

戻る    NEXT